1. TOP
  2. 代表挨拶

代表挨拶

少子高齢化社会の課題解決と、地域包括ケアシステムの推進により社会を明るく元気にします。ミアヘルサ株式会社代表取締役社長 青木勇

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、日々感染拡大防止に尽力されている自治体や医療関連をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆様に深く敬意を表します。

日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社グループは健康を守る「医薬事業」・高齢者を守る「介護事業」・子供を育む「保育事業」・食生活を育む「食品事業」を基に、0歳から高齢者迄を対象に地域包括ケアシステムの構築と推進を行ってまいりました。

この度 新たな事業機会の創出、ガバナンス体制の強化や業務執行(意思決定の)の迅速化・効率化の強化と柔軟な経営判断を可能にするグループ体制の構築を目指し、2021年10月1日 新たにミアヘルサホールディングス株式会社を設立いたしました。

ミアヘルサホールディングス株式会社は、ミアヘルサ株式会社による持ち株会社制度への移行によりミアヘルサ株式会社の完全親会社として誕生、同日付で東京証券取引所ジャスダック市場へ上場いたしました。(※2022年4月4日の市場区分再編によりスタンダード市場に移行)

昨今急速な少子高齢化が大きな問題となる中、厚生労働省は「超高齢社会」への対策として「地域包括ケアシステム」を推進し、医療、介護、高齢者住宅の整備、生活支援(食品)福祉(保育)に取り組んでおります。

また、児童数の減少に反して女性が活躍する社会に向け子育て支援ニーズは年々高まっております。

こうした市場環境において、弊社グループはこれまでの経験を発揮し、社会全体で取り組んでいかなければならない課題解決に向けて、グループが一丸となりこれまで以上に尽力してまいります。

具体的には安心して自宅で住み続けられるよう、在宅医療やホスピスの充実等共生社会を育む街づくりに尽力するとともに既存事業の一層の強化を図ってまいります。また他社との提携も視野に入れ、持続的な成長の実現を図り、これまで以上に多種多様な社会環境へ順応し、弊社をご利用いただく皆様やステークホルダーとなるすべての方々の期待に応え、社会的責任も果たしてまいります。

そして、皆様から信頼を得、「地域ナンバーワン」を獲得し、皆様からご支持いただける企業を目指していく所存です。

今後も高齢化と子育て支援という大きな政府方針に取り組み、企業価値を高めてまいります。皆様の更なるご支援・ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。