1. TOP
  2. お知らせ
  3. 『日経産業新聞』・『月刊HBリテイル新聞』に「メディケアオアシス新百合ヶ丘」の取り組みが紹介されました

お知らせ

『日経産業新聞』・『月刊HBリテイル新聞』に「メディケアオアシス新百合ヶ丘」の取り組みが紹介されました

介護 2022年02月03日

末期がん患者や難病患者の増加、社会保障費の増大による病床機能の見直しにより、現在、全国的に緩和病棟や受け入れ施設が不足し、看取り環境の改善が求められています。ミアヘルサでは、2020年8月の「オアシス東新小岩」ホスピス専用フロアの設置に続き、2021年9月には、新たに在宅型有料老人ホーム(在宅型ホスピス)「メディケアオアシス新百合ヶ丘」を開設し、益々高まる「在宅での緩和ケア」や「看取り対応」のニーズにお応えしています。

同施設では、提携医療機関による訪問診療に加え、訪問看護ステーションを併設することで看護師が24時間365日対応できる体制を整えています。また、ミアヘルサグループが運営する「日生薬局」と連携し、同薬局が鎮痛剤や点滴等の各種薬剤管理をするなど、終末期の患者様一人ひとりに寄り添ったサービスをご提供しています。

 


『日経産業新聞(2022年2月3日)』(※有料会員限定記事)

 


   『月刊HBリテイル新聞(2022年2月号)』

 

今後もミアヘルサでは、看護師や薬剤師を中心とした多職種チームによる緩和ケアサービスを提供し、「病院の安心感」と「自宅の快適さ」を備えた在宅型有料老人ホーム(在宅型ホスピス)を首都圏中心に展開してまいります。

 

▶メディケアオアシス新百合ヶ丘の詳細はこちら